2021-2022シーズンのレアル・マドリードのプレシーズンマッチ情報

無冠に終わってしまった2020-2021シーズンが終了し新しく2021-2022シーズンが始まろうとしている。

オフシーズンの間には、EURO2020やコパ・アメリカが開催されたり、絶対的なキャプテンセルヒオ・ラモスが退団したり、様々な選手が移籍したり加入したりと我々も情報を追うのが忙しいほど色々な出来事があった。

しかし、カルロ・アンチェロッティが就任した新チームは7月頭から既に始動している。

先日、2021-2022シーズンのラ・リーガの日程が発表され、マドリーのシーズン開幕戦は2021年8月15日のアラベス戦という事が決定した。

関連記事

我らがレアル・マドリードは2020-2021シーズンに悔しいシーズンを過ごした。 それから各自代表チームやオフを過ごしてまたバルデベバスの地でトレーニングを積み、そして迎えるのは 新シーズンである。 先日、2021-202[…]

目指せリーガ優勝!レアル・マドリードの2021-2022シーズンラ・リーガ年間スケジュールが発表!

つまり、開幕まで1ヶ月を切っているということ。

これからEUROやコパ出場組が合流し、アンチェロッティ率いるチームにどんどんフィットさせていく必要がある。

そして我々マドリーファンとして気になるのはプレシーズンに行われる練習試合でどのようなメンバーでどのような結果を得たのか、という事ではないだろうか。

という事でこの記事では、新生レアル・マドリードのプレシーズンマッチ情報を分かる限りで書いていこうと思う。

スポンサーリンク

2021-2022シーズンのプレシーズンマッチ(練習試合)情報

現地時間の7月5日より我らがレアル・マドリードはプレシーズン最初の練習を開始した。

フィジカル練習やボールを使ったトレーニングなどインテンシティの高いトレーニングを行っている。

チームとして練習試合を行いながら良いセッションをこなしていってるようにも見える。

そして、シーズン開幕に向けて徐々にプレシーズンマッチとして練習試合が組まれ始めた。

日程 キックオフ時間 対戦相手 試合会場 試合結果
2021年7月11日(現地時間) 午後練習にて CFフエンラブラダ シウダー・レアル・マドリード ○3-1
2021年7月18日(現地時間) 午後練習にて ラージョ・バジェカーノ シウダー・レアル・マドリード △1-1
2021年7月26日 2:00~ レンジャーズFC アイブロックス・スタジアム
2021年8月9日 1:30~ ACミラン ヴェルターゼー・シュターディオン

これらの練習試合は、新生アンチェロッティマドリーがどのようなフォーメーションでどのようなメンバーで戦っているのかを確認するにはもってこい。

アンチェロッティはシステムに拘らない戦術家でもあることから、マドリーファンにとってはラ・リーガ新シーズン開幕に向けて先発メンバーを予想してみるのもいいだろう。

関連記事

レアル・マドリードは常勝軍団でならなければならない。 しかもただ勝つのではなく美しく勝つ。 これが我らがレアル・マドリードの目指しているサッカーであり、クラブの信念であると言える。 失意に終わった2020-2021シーズン[…]

レアル・マドリードの新監督に就任した名将カルロ・アンチェロッティの戦術と成績

2021年7月11日 vs フエンラブラダ

現地時間の7月11日にレアル・マドリードは2部練習を実施。

午前中に戦術やセットプレーのトレーニングを行い、午後にはセグンダ・ディビジョン(2部)に所属しているフエンラブラダと練習試合を行った。

練習試合ということで公式のマッチポートはないが、マドリーでセッションに参加しているほとんどの選手が試合に参加したようだ。

センターバックにはチュストが加わり、1ボランチにブランコ、ウイングの一角にアリーバスなど昨シーズントップチームでも実績を積んだ3選手が起用された。

試合は3-1で勝利し、得点者はマリアーノウーデゴールチュストとなっている。

マリアーノ、アピールは順調のようだな。笑

スポンサーリンク

2021年7月18日 vs ラージョ・バジェカーノ

現地時間の7月18日にレアル・マドリードは2部練習を実施。

クロスボールの練習と戦術練習をこなした午前中の後は、ラージョ・バジェカーノと練習試合を行った。

ラージョ・バジェカーノは昨季セグンダ・ディビジョン(2部)を6位で終了するも昇格プレーオフで勝ち上がり3シーズンぶり8度目の1部昇格となったチーム

ラ・リーガの舞台でも激突する相手との練習試合は1-1で引き分けで終了したそうだ。

マリアーノが負傷の影響もあり欠場したということで、起用されたのはカスティージャのラタサ

そのラタサがペナルティエリア内で倒されると、そのPKをイスコが決めた。

チュストのオウンゴールにて失点してしまったというものの、負けない試合運びができているのは及第点。

バスケスも復帰し、そのパフォーマンスはアンチェロッティを唸らせるほどのものだったとか。

今後のパフォーマンスにも期待だ。

2021年7月26日 vs レンジャーズFC

Hala Madrid!

スポンサーリンク

2021年8月9日 vs ACミラン

Hala Madrid!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!